ホワイトキー 口コミ 体験談 評判 感想 婚活パーティー

誰もやっていないホワイトキーのメッセージカード利用法とは?その2

 

前回の続きです。

 

ホワイトキーの司会が席を移動してくださいと言ってきたので、
私は颯爽と席を立ちました。

 

 

その後の女性との会話は、ほとんど上の空でした。

 

 

さっきの女性が魅力的すぎて、
他のことを考えてたくないという状況ですね。

 

 

ホワイトキーに参加している他の女性には失礼ですが、
あの女性は群を抜いていました。

 

 

そしてフリータイムへ。

 

 

ただフリータイムが始まった瞬間、
さっきの可愛い女性の席に、
男性達が4人も並んでいました。

 

 

ちらっと他の女性の席を見ると、
空席が目立ちました。

 

 

女性の皆さん、
今回の男性の態度を見て
御化粧室に行ったのでしょうか。

 

 

でも、女性が可愛そうになんて
思ってはいけません。

 

 

ボランティアでホワイトキーに来ているわけじゃありませんので、
自分が狙った女性を最後までアプローチしていこうと
決心しました。

 

 

私も並びました。
並んでいましたが、5番目です。

 

 

この日のホワイトキーのフリータイムは、
なんと4回しかないとのこと。

 

 

目の前で待っている男性が、
どこかへ行ってくれることを願いながら、
なんと4回フリータイムが終わってしまいました。

 

 

結局、その男性も他の女性のもとへ行かなかったのです。

 

 

当然ですよね。
妥協したくありませんから。

 

 

そしてフリータイムも終わり、自分がいた元の席へ戻りました。

 

 

 

そこで最終希望のカード記入です。

 

 

私は、フリータイムでお話ができなった可愛い女性へ
メッセージカードをもう1枚投入しました。

 

 

メッセージとしては、

 

「フリータイム、●●さんとお話をしたくて、
 並んでいたのですが結局時間切れとなってしまいました。
 是非、もう一度お話しできたらと思います。」

 

という内容です。

 

 

もうやれることはすべてやったという感じでした。

 

 

大学受験の試験で、
全ての解答を自分が考えられるマックスの状態で
終えたような達成感。

 

 

 

ほどなくして、ホワイトキーの婚活パーティーが終了。

 

 

 

男性が先に退場ということで、
私は受付で結果が入っている青い封筒をもらい、
エレベーターで1階へ。

 

 

封筒をあけると、
その可愛らしい女性とカップル成立していました!

 

 

しかも彼女からもメッセージカードが。
「どうぞよろしくお願いします」というメッセージと連絡先。

 

 

 

人がやってないことをやるのが
婚活パーティーでは大事なんだと思った体験でした。

 

 

 

ホワイトキーHPはこちら→ホワイトキー


 
ホーム 初めての方はコチラ ホワイトキー体験談 プロフのコツ